大阪維新の会 <政治塾> 塾生のブログ (エイトマン version)
「大阪維新の会 政治塾 塾生のブログ」 のタイトルそのままです。第2クールが888人でいよいよスタートしましたが、振り落とされるまで、できるだけ独自視点でいろいろ書こうと思っています。維新八策にちなんで「エイトマン」のHNを使っています。 *日本維新の会が発足しましたが、とりあえずブログのタイトルの変更はもう少し様子を見てからにしたいと思います。
プロフィール

エイトマン

Author:エイトマン
大阪維新の会 政治塾の第2クールに進んだ888人の1人です。
大阪在住の40代既婚男性

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ブログ

★新しいアドレスでのブログを開設しました


 エイトマン・ブログ
 http://8man2nd.blog.fc2.com/

今後はこちらに(気が向いたら)いろいろ書いていくつもりです。
よろしくお願いします。

スポンサーサイト
変化
正月も挟んでいろいろ考えましたが、何かを変えないといけないと思っています。

実はこのブログの更新はもう完全にやめてしまおうと思っていたのですが、ここ数ヶ月は、自分的にもわりと書くのを楽しんでいたので、このまま完全にフェードアウトしてしまうのも寂しいと最近感じるようになりましたw もう少しリラックスした環境を自分なりに整備しようと思っています。

と言うことで、「つづく」となりますww・・・ 



選挙Day
久しぶりにのんびりと家でビールを飲んでいて、夜に選挙事務所に向かう予定です。当陣営は正直なところ小選挙区では及ばず、比例に希望をつなぐ展開と予想されているので帰宅までには当落は判明していない可能性が高いです。予想通り投票率は前回より低いことが報道されていますが天気はいいので、そこそこのところ(65%)ぐらいで止まって欲しいと思っています。

今日は時間がたっぷりあるので選挙戦の今までのことを振り返ってみたいと思います。最終の2~3日は本当に寸暇を惜しんで街宣やスポット(演説)に回っていたのですが、参ったのが参謀不在だったこと。多くの人が「住宅街を街宣で流したほうがいいんじゃないか」、「○○のイオン前が人が多い」、「この時間帯は○○の○出口で通勤客を狙うのがベスト」などといろんなことを私に提案してくれるのですが、最後は候補者本人が「どうしたいのか」しか判断材料がありません。私には選挙経験も土地勘もないので、人の意見を拒絶してひとつを選ぶ判断ができないからです。で、候補者本人に聞くのですが、本人は通行人と握手して挨拶するのに必死で、「そういうことはそちらで判断して段取りしておいて欲しい」とのこと・・・ いろんな人の意見をミックスする結果になって、移動などでかなりのムダな時間があったと反省しています。

昨日は夜遅くまで駅前で声を出していたので、からんでくる人がいて困りました。やはり酔った人は選挙にからんで言い掛かりを付けてくるのが多いですね。昼間に電車で移動した時にも持っていた維新ののぼりを見てからんで来た人もいました。

いわゆる「グレーゾーン」が多いのも勉強になりました。厳密に言えば違反なのですが、経験豊富な敵対候補でもやっている「グレーゾーン」的なポスター掲示などもあり、いろいろやっていかないと非常に「地味」で「消極的」な選挙活動になってしまいます。これは本当にやった人にしかわからないことで勉強になりました。

もう少ししたら事務所に向かいたいと思います。どのような結果であれ、明日朝までには一区切りがつくことになります。

ここまでやってきて、選挙は運の要素が本当に大きいと改めて感じています。維新に風が吹いているかどうかという「基本的」なことから、小選挙区での惜敗率まで、8割ぐらいが運ではないかとさえ思ってしまいます。極端な話、古風な金権政治をする他党の候補者がトップの票を食った場合、惜敗率と言う点では維新の候補者は有利になるかもしれません。選挙事務所にいると、百戦錬磨の選挙好きのベテランの皆さんがいろいろ(昔話も交えて)教えてくれます。理不尽なことも数え切れないほどありますが、そういったものを全てひっくるめて「選挙」なのでしょう・・・
個々面接
事務所で警察OBの元市議さんからいろいろなアドバイスを受けています。たいへん勉強になっているのですが、そのうちのひとつをご紹介します。

「戸別訪問」というのは違法行為になります。なんでも、日本人の慣習からすると人の家を訪問すると普通は何か手土産を持って行ったり金品の授受がおこなわれる可能性が極めて高く、そういう訪問行為が禁じられることになったとのことです。一方で、「個々面接」というのがあるらしいです。それは、例えば人の家のインターホンで「ピンポ~ン」をして、出てきた人と会話し、その敷地内に入らず、「一票お願いします」のような投票依頼の言葉を言わなければそれは違法行為ではないとのことでした。他にも「連続して訪問する意図を持っていない」などの要件もあるそうですが、ややこしく、きわどいことが本当にたくさんあるのが日本の選挙だということは間違いなさそうですw

報道
「自民圧勝、維新失速」。そんな見出しがあちこちで見られるようになりました。たぶん全体を俯瞰すればそうなのかもしれませんが、現場で戦っている身からすると、準備万端で選挙戦に臨んでいる自民や民主に対して追い上げている感覚もあります。維新の候補者は元々は無名の新人が大多数なのですから・・・ 浮動票と言われる層は選挙戦がテレビで放映され、候補者からのハガキが届き、新聞折込などが目に付くようになると候補者に興味を持ってくれるようです。「テレビ見たよ!」と声をかけられることが多くなってきたとウチの候補は手ごたえを感じているようです。まだまだわかりません。私にとってはお金を払ってでも経験したいような現場に身を置いていられることが普通に嬉しいです。
フラットな組織
週末それなりにいろいろ選挙活動できたとは思いますが、計画性の無さが気になってきています。基本的にボランティアが主力なので強力に仕切る人がいません。全体を見渡す司令塔がいない運営になっているので、いきおい、いろいろな意見が中途半端にミックスされたり、突然の計画変更、確認不足によるムダ・重複、見落としなどが頻繁に発生しています。本来なら街宣する地域もちゃんとモレなく潰して行ったり、候補者本人の時間のロスが少ないような移動計画なども必要なのでしょうけれども、それらが行き当たりばったり状態です。効率を考えると、やはりピラミッド型の組織は必要なのだなと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。